「2015年5月」の記事一覧

令8区画で消防設備を緩和する方法とは?

rengawall

建築費を抑えながら計画を進めるのは建築の専門家であれば当たり前のことであるが、その中でも意外と見落としがちなの・・・

消防法によって定められている有窓階と無窓階の基準について

mado

有窓階と無窓階は建築関係者であれば誰もが聞いたことがある言葉では無いだろうか?これらはその建物のある階が火災等・・・

特記仕様書は国交省か日本建築家協会どちらを用いるべきか?

book

特記仕様書とは、共通仕様書に記載されている内容とは異なる、優先したいことを記載する時や共通仕様書では選択項目に・・・

一敷地一建物を回避するための3つの方法とは?

一敷地一建物

「一敷地一建物」は建築基準法上基本的な法律だ。しかし、建築関係者以外にとってはあまり馴染みの無い言葉ではないだ・・・

庇が重なる場合は1棟扱いか別棟扱いか?

工場の折板庇

建築基準法上、基本的には1つの敷地において、建てることができる建物は1棟のみだ。しかし、1つの敷地に複数の建物・・・

備蓄倉庫、蓄電池、自家発電設備、貯水槽の延床面積と容積率算定について

bichikusoko

東日本大震災の影響で世間一般的に防災意識が高まりつつあるあが、建物においてもその傾向は強くなっている。具体的に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ